FC2ブログ

今でも心残りの子猫

ナミヘイです

私がまだ25、6歳の頃

一匹の子猫を保護しました。

外出から帰ってくると どこからか弱々しく鳴く子猫の声がしたので
耳をすまして探すと路駐車の下にうずくまった茶色い長い毛の子猫がいました。

おいでと声をかけても寄ってこなかったので
手を伸ばして引き寄せました。

見るとお腹のあたりが何かでベトベトになってました。

ん??

嫌な予感がよぎりましたが

とりあえず家へ連れて行き ベトベトを洗い流すことにしました。

お腹の毛が異様に長いなぁ・・・・
と思った瞬間・・・

コレ・・・毛・・・じゃない・・・

まさかとは思っていたけど
そぉっとタオルで拭いてあげると・・・

最悪な予感通りでした。

異様に長いお腹の毛だと思っていたものは
実はお腹の肉が剥がれたものでした。

これ・・・前にも見たことがある・・・

肉と言っても極端に痩せているので 肉ではなく皮という感じでした。

『前にも見たことがある』

というのは

昔、虐待された犬や猫の保護をしていた知り合いと一緒に
保護活動をしていたときに見た・・・同じ光景・・・

何も食べさせてもらえず 動く気力も無い猫たち・・・
その猫たちに群がるうじ虫・・・
猫たちは まだ生きているのにうじ虫に食われている・・・
生きながら うじ虫に食われている・・・・

そんな光景を見たことがあるからです。

そのときは できるだけ うじ虫を取り除いてあげることしかできず
数時間後に息を引き取りました。

それと同じ光景が目の前に・・・

今度こそ助けてあげるから!!!

急いで動物病院に駆け込みました。

グッタリした子猫を抱き
泣きながら入っていったので
他の患者さん達はビックリしていたけど
緊急だと知り 診察を譲ってくれました。


・・・・・・・・・・・・・・・・

でも 消毒液をつけて できるだけうじ虫を取ってあげることしかできないと言われました。

皮膚の表面だけじゃなく 内臓のほうまで 入ってしまっているとのこと。

これこそ手の施しようが無く やりきれない気持ちで連れて帰りました。

子猫は時々 弱々しい声で鳴きました。

何時間経ったか 私はずっとうじ虫を取り続けました。

気がつくと 子猫は息を引き取っていました。


頭の中は真っ白なのに涙だけ止まらず
ごめんねと繰り返しながら さすってあげました。

早く うじ虫に食われる痛みから解放してあげたくて
無理を言って すぐに火葬してもらいました。


なんで コレを記事にしたかというと

無責任な人間によって捨てられた猫や犬が何万頭といます。

ブランド品のように ペットショップなどで

高級な猫や犬が売られています。

そんな猫や犬だけではなく

捨てられた猫や犬にも目を向けてあげてください。

よく同じ種類の猫や犬を お金を出して何頭も買う方がいますが

一頭でも構いません。

一頭でも 不幸な犬や猫を保護してあげてください。

お願いします。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

はじめまして。30歳代の女性ライダーです。いつもブログ拝見させていただいてます♪記事をみて涙が出ちゃいました。私もナミヘイさんと同感です。うちの地域ではこのような活動をされてます⇒http://emibingo.blog49.fc2.com/ (ご存じでしたらすみません) 多くの命が救われることを祈ってます。

きのぴおさん

コメントありがとうございます。
私は途中で逃げ出してしまった身ですが
きのぴおさんみたいな活動をされている方々を
応援していきたいと思ってます。
多くの命が救われ 幸せになってほしいです。
プロフィール

ナミヘイ88

Author:ナミヘイ88
09年 中型二輪取得
10年 大型二輪取得

所有バイク YAMAHA YZF-R1

Ninja250RからYZF-R1へステップup♪
へっぽこライダーの異名を持つナミヘイです
一応レディーです!

見かけてもイジめないでください^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR